全国トッププロジェクト

多くの国家的な863の水素エネルギー・航空宇宙液体水素プロジェクトに参加。

2004年

2004年2月

中国上海市の同済大学自動車学科と「第15次5カ年計画電気自動車国家863大型特別プロジェクト」「燃料電池自動車の高圧水素充填ステーションと水素供給技術」を担当。2005年6月に完成し、2007年10月19日に科学技術部国家863プロジェクトチームに受け入れられ、上海の安平水素給油所に高純度水素を供給した。本装置の開発に成功したことで、中国では初めての膜+圧力スイング吸着プロセスにより、6種類の工業用水素ガス源から高純度の水素を抽出することが可能となりました。


2006年

2006年12月

華南工業大学化学工程学院と共同で「新型流動層パラジウム膜高純度水素製造装置の研究開発」の国家863プロジェクトに応募し、2009年8月末に竣工した。この技術は、現在世界でもトップレベルの技術である25ミクロンのパラジウム膜を使用しています。


2007年

2007年9月

清華大学、清華同方と協力して、2008年北京オリンピックのために、50Nm3/hの天然ガスを水蒸気に変換して水素を製造する核心内容の水素補給ステーションを設計、製造、運営し、2008年8月6日にA党の受理を通過し、2009年1月22日に科学技術部国家863プロジェクトチームの受理を通過し、2008年北京オリンピック・パラリンピック期間中、燃料電池自動車の実証と使用のために高純度の水素を提供しました。


2009年

2009年8月

上海同済大学(上海春華新エネルギーシステム有限公司)と2010年上海万博プロジェクト「280Nm3/h PSA水素精製装置」に協力。


2009年7月

上海大学との30Nm3/hコークス炉ガスから水素パイロットプラントのEPC契約、プロジェクト番号2006AA030201は、国家863キープロジェクト「コークス炉ガスの部分的な合成ガスまたは水素製造への変換」であり、2010年上海万博の水素電池自動車水素燃料補給ステーションに水素を供給する。


2009年2月

BP社主催の水素プロジェクトで、中国科学院大連化学物理研究所との「天然ガスのシンガスへの断熱変換とパラジウム金属膜分離100Nm3/h水素パイロットプラント」の契約は、国家863重点プロジェクト「発泡炭化ケイ素構造触媒を用いた天然ガスのシンガスへの断熱変換のパイロットテスト」と、国家863目標型プロジェクト「天然ガスと液体ガスからのオンサイト水素製造のための新技術」のために設計されたもので、中国で最も進んだ水素プロジェクトである。


2011年

2011年10月

碧星(西昌)航空宇宙化学有限公司と600Nm3/hメタノール水素化プラントを提供する契約を締結し、2013年1月に正式に受け入れられ、稼働しました。


2011年10月

海南衛星打ち上げセンターに低温液体水素原料を供給するための1500Nm3/hメタノール・水素プラントを提供する契約を藍星(海南)航天化工有限公司と締結。


2013年

2013年1月

北京宇宙試験技術研究所(101研究所)との間で、北京宇宙試験技術研究所が中国北部衛星打ち上げコンプレックスに燃料を供給するための低温液体水素原料を供給するための800Nm3/hのメタノール-水素プラントの供給契約が締結されました。


標準設定

会社の主要技術者は国家規格を1つ作成し、6つの国家規格と1つの国際規格の作成に参加しました。

• 圧力スイング吸着式水素精製システムの技術的要求事項(GB/T 19773-2005、引用:呉蘇娟)

• 水素補給ステーションの技術仕様(GB50516-2010、参编人員:王業勤)

• 水素補給ステーションの安全技術仕様書(GB/T 34584-2017 参编人員:王業勤)

• 水素システムの安全性に関する基本要求事項 (ISO/TR 15916-2004,参编人員:王業勤)

• 水素精製のための圧力スイング吸着用吸着器(GB/T 29412-2012、参编人員:高建華)

• 圧力スイング吸着分離と水素精製システム(ISO/TC17971、参编人员:王業勤)

• メタノール変換圧力スイング吸着水素製造システムの技術的要求事項(GB/T 34540-2017、王業勤、葉根銀、闫妍、何清保などが起草)。

• プロトン交換膜型燃料電池自動車用燃料 水素(GB/T 37244-2018、参编人员:王業勤)


技術革新

アリアンハイテックの古典的なプロジェクトと技術的なブレークスルー

• 大型モノマーメタノール改質器の開発と応用、各改質器の容量は20,000Nm³/hの水素を超えています。

• 60,000Nm³/hを超える水素ガス生産能力を持つ大規模なメタノール水素化プラント

• 自前のEPC能力を突破し、水素プラントに40,000Nm³/hメタノールのEPC建設を完了。

• 水素のコンバーターへの 5Nm³/h 超密集したメタノールは燃料電池と直接ドッキングすることができます

• メタノール改質用熱源供給の躍進と水素製造用メタノール触媒燃焼自己熱改質プラントの実現

必要なものは

アフターサービス部署に連絡してください

もしかしたら、専門的なサービスを必要としているかもしれませんので、ぜひお電話ください。

028-6259 0095

業務提携

あなたの需要は、私たちの最大の前進の勢いです。

028-6259 0080

招待されたアクセス

メタノール→水素、天然ガス→水素、PSA→水素

の詳細はこちらをご覧ください